アート

生活と芸術ーアーツ&クラフツ展

東京2日目は上野の東京都美術館に行きました。

『生活と芸術ーアーツ&クラフツ展』ウィリアム・モリスから民芸まで。

079_small

『役にたたないもの 美しいと思わないものを家に置いてはならない』

ウィリアム・モリス。

こう書かれたボードが出迎えてくれます。

その通り!!!納得 納得。あくまでも理想かな・・・。

壁紙のデザイン。どれも美しいです。

『ひなぎく』や『いちご泥棒』など花の模様や鳥さんがカワイイ~。

家具やグラフィック『用の美』を見いだした民芸の美意識を味わいながら

生活の中から芸術について思いをはせている・・・。その気持ち わかる。。。。。

柳宗悦らが昭和初期に建てた『三国荘』の再現展示もありました。

暖炉・蜀台・器などなど 目を引く物ばかりでした。

会場で販売されていた『CASA BRUTUS』 柳宗悦の長男 柳宗理の特集。

アタシは発売時に買って持っています。

柳の言葉 『装飾のないところに真実の装飾がある』

一見シンプルな曲線からなる造形はデザイナーの個性を削ぎ落とした様に見えて

柳ならではの存在感ある美しさを漂わせている。

柳宗理のカトラリーやボール・パンチングストレーナーしか持っていないけれど

確かに使いやすさと デザイン性をかね合わせています。

展示の量も多くて 見ごたえのある展示でした~♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)